TOP PAGE
最新情報
日程&結果
選手紹介
選手権者
団体歴史
団体概要
お問い合わせ
募集要項
相互リンク





































































































































































































1999年 04/01  守屋博昭・船崎浩彦らが栗栖ジムを退団し、ジャパンプロレス2000設立を発表
05/09  大阪・はびきのコロセアムにてプレ旗揚げ戦(全5試合)を行う
07/04  旗揚げ戦 守屋が藤原をパワーボム葬 栗栖ジムのアルバトロス武上参戦
12/23  守屋・船崎がジャパンタッググランプリ優勝  川口佳宏が入団
2000年 01/16  Z上田入団  アルバトロス武上引退
03/12  七里入団するも首の怪我にてレフリー転向  周藤浩司退団
05/07  吹本賢児がDZW設立  クリプト・キーパー参戦
10/15  DZW旗揚げ ロックとデスマッチに融合  七里退団
2001年 02/25  G TOPトーナメントで守屋博昭が民安亮を破り優勝  羽曳野市長来場
12/09  守屋博昭・山本淳福がジャパンタッグ優勝 久保田正志・横井篤史デビュー
2002年 02/??  民安亮(泉州力)引退するもその後、J2K設立
07/14  獣人X&MAX参戦  玉田耕一、Z上田が離脱
11/04  CMAの氷牙、凱星参戦
2003年 02/16  岩田芳明デビュー  山本淳福、吹本賢児率いるDZW勢離脱
07/27  船崎がトーナメント制し初代J2000王者に  北村公昭デビュー
07/28  藤原卓也が脱退  獣人Xが離脱
2004年 01/25  川口佳宏退団  久保田が復活KWA王座に君臨(第8代)
02/19  守屋博昭vs船崎浩彦のカードで全日本プロレスの興行に参戦
04/25  守屋博昭・船崎浩彦・北村公昭がNPWの興行に参戦、6人タッグで快勝
05/23  NPW、柴田道場、NWD勢が大挙参戦  久保田KWA防衛
08/14  守屋博昭・横井篤史がNPW名古屋(後のロックアップ)に初参戦
08/22  ローカルインディー興行 東京・バトルスフィアに参戦
09/01  J2000・NPW統一機構JWF(日本プロレス連盟)発足
09/23  船崎浩彦が火竜を破りJ2000王座防衛 久保田が横井を破りKWA防衛
10/31  JWFとして追手門学院大学の学園祭に登場
11/01  KWA王座をJWF認定Jr王座と改称 久保田を初代王者に
12/19  トーナメントを制し、守屋・吉岡が初代JWF認定タッグ王者に 金森徹デビュー
2005年 03/21  久保田正志がOLAで破れJWFJr王座転落   新生NWD勢参戦
03/21  J2000・NPWヘビー級統一戦構想が浮上
06/12  東海プロ(豊臣太郎・小杉研太)参戦  守屋・吉岡組JWFタッグ王座初防衛
08/07  佐々木幹矢・葉山十三蔵デビュー
10/01  方向性の違いよりNPWがJWFから脱退 J2000が継承
10/30  横井篤史、北村公昭が退団
11/06  水上プロレスに船崎浩彦・佐々木幹矢が参戦  船崎J2000王座2度目の防衛
2006年 02/12  岩田芳明が小仲=ペールワンを決定戦で破り、第3代JWFJr王者に
03/19  ロックアップに岩田芳明と佐々木幹矢が参戦
06/04  水上プロレス 浅草大会に守屋博昭、船崎浩彦 他 計4名が参戦
07/09  第3代JWF認定Jr王者の岩田芳明が退団 王座剥奪
08/21  大日本プロレスの興行にJ2000より6選手が参戦!
11/12  ライジングKIDデビュー、OPGと合同大会実施
2007年 01/28  YUICHIデビュー、田島・梶原・亀井が入団挨拶、南斗不動入団
 南斗不動・葉山十三蔵がJWFタッグ王座を、久保田正志がJ2000王座奪取
02/09  所属6選手がFOS主催ZERO1-MAX興行に参戦
05/05  はびきの市民フェスティバル参加 格闘技の祭典開催
 佐々木 復活KWA奪取、南斗・葉山組JWFタッグ王座防衛、梶原大輝デビュー
 守屋、久保田を破りJ2000選手権奪取、男女プロボクサー参戦、OWF参戦
07/22  船崎浩彦・佐々木幹矢が第3回ジャパンタッグGP制覇 亀井竜太デビュー
10/07  船崎・佐々木組が南斗・葉山組よりJWF認定タッグ王座奪取 鬼屍團増殖6人
2008年 01/13  久々の地方大会に遠征 (兵庫・丹波市)
01/30  JCI大阪ブロック集会でハイアットリージェンシーで試合
03/09  守屋J2000王座初防衛、久保田・葉山JWFタッグ王座奪取、西口一輝デビュー
04/20  ローカル興行 浅草大会で佐々木がキラースを破りKWA王座初防衛
05/04  久々に、フリーの3選手、NPWの2選手参戦
08/17  重鎮・船崎浩彦引退 守屋、J2000王座2度目の防衛
10/05  第3回G-TOPトーナメントで佐々木幹矢が金島正典を破り初優勝
12/31  金森徹、亀井竜太、YUICHIが退団
2009年 03/08  守屋、J2000王座防衛、金島・梶原組がJWFタッグ奪取、グラビア勢登場
05/05  金島・梶原組JWF認定タッグ王座初防衛、邪道・大仁田厚参戦
05/06  守屋博昭・ライジングKID組、ユニオンプロに初参戦するも外人組に惜敗
05/31  全日本プロレスに2度目の参戦 提供試合を行う
09/20  主にタッグ戦線で活躍した葉山十三蔵、惜しくも引退
10/17  犬猿の仲FU☆CKの河内長野大会に守屋出場
10/17  YMB10周年大会に佐々木幹矢が友情参戦
12/15  浦野裕太入団
2010年 01/17  第4回タッググランプリ守屋博昭・吹本賢児組優勝 中山達デビュー
02/18  南斗不動退団
04/25  マスカラ・コントラ・カベジュラ対決でライジングKIDに凱歌、岩田芳明丸坊主に
05/05  M・岸和田・内田祥一特別参戦 / 佐々木・浦野 JWF認定タッグ王座奪取
07/04  冨宅飛駈参戦、JWF認定タッグ王座奪取  DEP勢初参戦  芳本雅至デビュー
10/11  JWF認定タッグ戦で冨宅飛駈が守屋博昭を破り王座初防衛
10/24  ライジングKID&冨宅飛駈が他団体で黒影組を退けJWF認定タッグ王座防衛
11/07  J2000選手権で守屋博昭が冨宅飛駈を破り王座防衛
2011年 01/02  ライジングKID&冨宅飛駈組が他団体で岸和田組を退けJWFタッグ3度目防衛
01/16  ライジングKID&冨宅飛駈組が他団体で阿部組を退けJWFタッグ4度目防衛
03/13  初進出の和泉大会に華名が参戦し勝利
05/03  ライジングKID&冨宅飛駈組が他団体で塩田組を退けJWFタッグ5度目防衛
05/05  ライジングKIDが守屋博昭を破りJ2000選手権戴冠 タッグと合わせ2冠王に
05/15  第4回G-TOP決勝&KWA王座決定戦で浦野裕太が河邑嘉哉を破り戴冠
05/15  JWF認定タッグ戦でKID・冨宅を破り守屋博昭・マグニチュード岸和田が奪取
05/22  UWS旗揚げ大阪大会で守屋・岸和田がJWF認定タッグ王座初防衛
07/30  3度目の全日興行に提供試合にて出場 (大阪府立第2)
10/09  釜ヶ崎大会で守屋・岸和田がJWF認定タッグ王座2度目の防衛
10/23  守屋組JWFタッグ王座防衛 KIDがJ2000王座防衛 初参戦選手多数
11/03  ザ・グレート・カブキ初登場でタッグ王座挑戦 守屋組JWFタッグ王座防衛
11/03  田村忍・風鴉が入団  2006年以来で岩田芳明再入団
2012年 02/19  グラン浜田40周年興行にJ2000より守屋博昭、ライジングKIDが出場
03/25  冨宅飛駈がKIDを破りJ2000王座奪取、DDTよりKUDO、A・本多初参戦
 田村忍再デビュー、嵐弾次郎・ケン梶山デビュー
04/21  京都プロ大会で守屋組がJWF認定タッグ王座5度目の防衛
04/26  全日本の和歌山大会に全日本勢との混成タッグにて出場 (4度目)
05/03  生コンプロ大会で守屋組がJWF認定タッグ王座6度目防衛
05/03  生コンプロ大会で守屋がロビンを破りSGPジュニア新王者に
05/05  冨宅がJ2000を浦野がKWAを王座初防衛 / 大畠美咲・飯田美花が初参戦
05/20  冨宅飛駈J2000王座2度目防衛 守屋組JWFタッグ7度目防衛 / 高智他初参戦
08/11  WWS大阪大会でKIDが岸和田の保持する覆面王座に挑戦するも惜敗
2013年 02/24  地域元気プロ大会で守屋がロビンに破れSGPジュニア王座から転落
05/05  守屋30周年大会 天龍・嵐ら天龍プロジェクト勢 及び DGのアラケン初参戦
 冨宅が嵐弾次郎を破り3度目のJ2000王座防衛 / 戸田が浦野を破りKWA王者
05/26  GAMI、桜花らWAVE勢が参戦 / KIDが岸和田の覆面王座に挑戦するも惨敗
06/23  守屋がフリーの内田と組んでドラゴンゲートに初参戦。望月&フジイ組に惜敗
08/11  東海プロレスと提携で守屋が初参戦。脇海道と組んでシャドー組に快勝
09/08  国際の戸田秀雄が東海プロレス大会で東海の豊田博を破りKWA王座初防衛
09/15  道頓堀アリーナ初進出 3大選手権試合は各王者が防衛 初参戦選手多数
11/10  ライジングKIDがK-DOJO大阪大会、アパッチ大阪大会にWヘッダーで出場
11/30  全日本の最強タッグ開幕戦大阪大会に守屋がタッグで出場し快勝
12/08  スーパーFMW浅草大会で浦野が鶴巻のアメリカス王座に挑戦するも惜敗
12/31  ケン梶山退団
2014年. 02/01  道頓堀自主大会に、ドラゲーよりS・シーサー、U-Tが参戦 新人小森デビュー
05/05  Gamma、堀口元気、くいしんぼう仮面、菅沼修、橋本友彦、魔娑鬼が初参戦
 佐々木が戸田のKWAに挑戦するも惜敗 / KIDが冨宅を破りJ2000王座奪取
05/25  ヒデ久保田、AK、織部克巳、藤井健一が初参戦
10/05  BK・キッド、JWP勢、柴山、GUNSO、千日前勢が初参戦 山田駿斗デビュー
11/02  タッググランプリ2014で、守屋、田村組が浦野、岩田組を破り優勝
2015年 02/21  道頓堀プロレスの府立第2大会のバトルロイヤルで守屋が優勝
04/05  FU★CK! 都島大会で守屋組がJWFタッグ防衛、佐々木のシングル挑戦は惜敗
05/05  KIDは武士正に破れJ2000王座初防衛失敗、金村キンタローら初参戦多数
 守屋・岸和田組はMIYAWAKI・ヤス組を破りJWFタッグ王座10度目の防衛
 久保田正志、梶原大輝、小森腱二郎、キャプテンJ2000引退。中山達退団
07/19  ヤングジェネレーションバトルトーナメントで山田駿斗が決勝に進出するも惜敗
 守屋が女子プロレス興行(REINA)にボーナストラックで出場し快勝
08/23  ACF大会にて外的同士でのJ2000王座戦で武士正が初防衛に失敗し王座陥落
09/21  守屋が大阪プロレスの天王山トーナメントに出場し、1回戦突破
11/29  KWA決定バトルで佐々木が戴冠。守屋組、JWFタッグ防衛、連続防衛記録更新
 ドラゲーより谷嵜なおき、ビッグR清水ら初参戦。西山、道端、伊東デビュー
2016年 06/12  ACFの京セラドームスカイホール大会で若翔洋がガンチョルを下しJ2000王座奪取
07/31  ACFの大阪沖縄会館大会で若翔洋が太陽塔仮面を下しJ2000王座初防衛
08/01  方向性の違いを理由にライジングKID退団
08/06  守屋が地元母校凱旋試合でJWFタッグ11度目防衛。三原一晃・蓮香誠初登場
09/11  闘道館/西口の味園大会で若翔洋が松崎和彦を下しJ2000王座2度目の防衛
10/23  ACF24th 世界館で若翔洋が嵐弾次郎を下しJ2000王座3度目の防衛
2016年 04/16  光明池大会で、佐々木がKWA、守屋組がJWFタッグを防衛、冨宅がJ2000奪取
 真琴、タダスケ、カツオ、パンチ富永が初登場
Copyright (c) Japan Pro Wrestling 2000 All rights reserved. Information on this site is for Japanese domestic markety only.